« ホイール・キャップ | トップページ | エノテカ・ピッツェリア・スタジオーネ:神楽坂 ★★★☆ »

2013年7月24日 (水)

新しいホイールの感触

2013724 エンケイのRP-03はMAT製法により、
鋳造ながら鍛造なみの強度と軽さを
実現したスポーツモデルです。
これまでは18インチのTMW CE16-1という
見た目重視のフィン・スポークタイプの
ホイールを履いていました。
これが結構重くて1本当たり11.5kgもありました。
今回のRP-03は19インチながら、
1本あたりなんと9kgです。
タイヤが225/40となり、若干の重量増がありますが、
それでもバネ下重量が軽量化されたことには
間違いがありません。
走り出して感じるのは、出だしの軽さはもちろん、
ハンドルを切るときの軽快感です。
このあたりは、ミシュランPS2の
恩恵もあるのかもしれませんが、
個人的にはこの「軽快感」に大満足。
見た目も「攻撃的」になりました。

|

« ホイール・キャップ | トップページ | エノテカ・ピッツェリア・スタジオーネ:神楽坂 ★★★☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102785/57859688

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいホイールの感触:

« ホイール・キャップ | トップページ | エノテカ・ピッツェリア・スタジオーネ:神楽坂 ★★★☆ »