« アーデン仕様完成 | トップページ | 原鉄道模型博物館 »

2012年10月 3日 (水)

駆け抜ける喜び

2012103 昨日チャーリー(ローバー75)で上野と勝浦を往復しました。
往きは東金有料道路→波乗り道路、
帰りは大多喜→久留里→木更津という道です。
高速道路あり、一般道あり、山道ありと、
車の性能を試すには持って来いのルートです。
様々な条件下で運転しましたが、
一言で感想を言うと、
「ちょ~気持ちいい!」になるでしょうか。
これまでは、モサモサしたエンジンで
踏んでも音ばかりが唸り、
加速が全くついて来ませんでしたが、
ようやく「本当の2500cc」の
エンジンになったという感じです。
下から上までリニアにトルクを
積み上げていくフィーリングです!
特筆すべきなのは2500回転あたりのトルク感で、
ノーマルのスカスカが完全に払拭されています。
この回転域は日常最も使用するレンジなので、
ここが改善されたのはとても大きい進歩です。
ローバーが製作した75という未完の車が
ようやく完成した気分です。
「ローバー75は本来こうあるべきだった。」、
そんな仕上がりになりました。

|

« アーデン仕様完成 | トップページ | 原鉄道模型博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102785/55802848

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け抜ける喜び:

« アーデン仕様完成 | トップページ | 原鉄道模型博物館 »