« ウッドステアリング | トップページ | どう見ても同じ »

2010年9月 1日 (水)

天使の咆哮?

2010930 レクサスLFAの排気音は「天使の咆哮」と形容されています。
さて、チャーリー(ローバー75)は、
2.5LのV6エンジンを搭載していますが、
設計は古く、クワッドカムながら177馬力しかありません。
1700kg近い車重もあってか、出だしは鈍く、
強めにアクセルを踏む込んでも、「もっさり」としか加速しません。
ゆったり走る車の性格もあり、
あまりエンジンを回していなかったのですが、
初めてレブリミット近くまでエンジンを回して戦慄を覚えました。
4000回転を超えたあたりから、明らかに排気音が変わります。
クォーーンというアルファV6も真っ青の快音!
正直びっくりしました。こんな良い音がするとは・・・。
自分にとっては、まさにこれが「天使の咆哮」です。

|

« ウッドステアリング | トップページ | どう見ても同じ »

コメント

そうそう,4000rpmを超えると全く別のエンジンになるんですよね。
こればかりは見た目からは想像し難い,オーナーの特権,ですかね(笑)

投稿: とんとん | 2010年9月 1日 (水) 14時45分

びっくりしました!
最後の「コァーー」なんて最高です。
馬力の出方もまさに「カムに乗る」フィーリングです。
壊れるのを承知で踏み込みそうです(笑)。

投稿: リリー@管理人 | 2010年9月 1日 (水) 18時01分

はじめまして、、ZTのりのBOB63 といいます、、
いつもこっそりロムってます、、
うちのZTは 3800rpm ぐらいから咆えはじめます、、ほんと気持ちいいいいですよね。
そこに行き着くまでは「狼の皮を被った羊」なんですが、、
調子にのるとガソリンタンクのゲージがガビ~~ンと激減してしまいますが、、(汗)

投稿: bob63 | 2010年9月 3日 (金) 01時44分

私の方もたまに覗かせていただいています。音の割りには、加速がついていかない気もしますが(笑)。それにしてもKV6は燃費が悪いですね。リッター9kmしか走りません・・・。みるみる傾いて行く燃料計の針が切ないです。

投稿: リリー@管理人 | 2010年9月 3日 (金) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102785/49312030

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の咆哮?:

« ウッドステアリング | トップページ | どう見ても同じ »