« 2シーター化 | トップページ | 最近のミニバンは・・・ »

2009年1月20日 (火)

油温の改善

以前からリリー(220クーペ)の油温が
走行中に下がるという現象がありました。
油温のセンサーはオイルパンにあります。
オイルクーラーサーモは正常に作動していますし、
何より油圧は問題ない値を指しています。
油圧で油温を推測(?)する状況なので、
対策をオールメイクス埼玉にお願いしました。
単純に走行風がセンサーに直撃するのが原因と思われたので、
そこに防風板を取り付けてもらいました。
これが効果てき面で、今まで冬の高速道路は
油温60度を指していたのが、
きちんと80度を指すようになりました。
きちんと計器が動くということは、
愛車のコンディションを把握する上でとても重要です。

|

« 2シーター化 | トップページ | 最近のミニバンは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102785/43833164

この記事へのトラックバック一覧です: 油温の改善:

« 2シーター化 | トップページ | 最近のミニバンは・・・ »